ソフトバンク光「あんしん乗り換えキャンペーン」の適用条件や注意点

ソフトバンク光「あんしん乗り換えキャンペーン」の適用条件や注意点

ソフトバンク光が人気ある理由のひとつ「あんしん乗り換えキャンペーン」を紹介します。このキャンペーンを適用させると、他社からの乗り換え時にかかる解約金がなんと0円になります。

ただ、こういった話には必ず裏があるもの…。通信業界に詳しい私でも、はじめて知った時はまず疑ったのを覚えています。

しかし、さすが最大手のソフトバンクグループ!消費者にはデメリットが一切なく、ただただ乗り換えする時の負担を軽くしてくれるのみで、適用させるリスクはないのですw

かなり豪華なキャンペーンでいつまで継続されるのか分からないので、ソフトバンク光・ソフトバンクエアーに興味ある人は今がチャンスですよ!

当サイト限定のレア情報

この記事をご覧になった方のみのお得情報です!

ドコモ光やソフトバンク光などの光コラボ回線、auひかり、NURO光に新規申込みもしくは乗り換えすると”キャッシュバック”があるのはご存知ですよね。

ただ、公式サイト経由だと雀の涙ほど、大手比較サイトだとキャッシュバック額は良いけど受取りが1年以上先…。どちらも利用価値ありません。

私が利用した代理店窓口では5万円を超える回線もあります。

主要なサービスであればほぼ取扱いしているようなので、誰よりも得したい方は利用を検討されてください。

もちろん、オプション加入なしで6ヵ月以内に受取れます!今のところココより条件の良い窓口は知りません。

ソフトバンク光の「あんしん乗り換えキャンペーン」とは?

乗り換えで「解約金・工事費残債」最大10万円を負担!

そもそも「あんしん乗り換えキャンペーン」を適用することによってどんなメリットがあるのか?まずはこの記事の本題から解説していきますね!

ソフトバンク光への乗り換えがお得に!

ソフトバンク光の「あんしん乗り換えキャンペーン」とは、他社でインターネット接続サービスを契約している人が、お得に乗り換えできるキャンペーンです。

現在利用しているインターネット接続サービスのプラン内容や利用期間によっても異なりますが、違約金が発生したり端末機器の代金の支払いが残っていたりして、解約時に費用がかかるケースも珍しくありません。

「あんしん乗り換えキャンペーン」では、他社サービス解約時に発生する違約金・撤去費用・モバイルブロードバンド端末代金の残債をキャッシュバックしてくれるというものです。

最大10万円のキャッシュバック

最大10万円のキャッシュバック

キャンペーンでキャッシュバックされる金額の合計は”最大で10万円”です。

解約時に違約金などが発生してしまった場合でも、あんしん乗り換えキャンペーンのキャッシュバックで相殺でき、違約金負担なくソフトバンク光に乗り換えできます!

但し、ひとつだけ例外があり、転用の際にフレッツ光で発生する工事費に関しては、キャンペーンの対象とはなっていません。

管理人
他社のモバイルブロードバンド端末代金の残債については、4万2,000円が上限とされている点には気をつけてください。

「ソフトバンク光」と「ソフトバンクエアー」とは?

ソフトバンク光ってどんなサービス?

今さらですが、ソフトバンク光とソフトバンクエアーについて簡単に説明しておきます。

ソフトバンク光とは、光回線を利用したインターネット接続サービスです。下りで最大1Gbpsと、高速で安定したインターネット環境で楽しむことができます。

ソフトバンクエアーは、回線工事が不要で、Airターミナル(接続機器)をコンセントに差し込むだけで気軽にインターネットに接続できるサービスです。データ容量の制限はなく、毎月定額制で高速4G回線を利用できるのも大きな特徴となります。

また、最大で64台まで接続可能なため、スマートフォンやパソコン、タブレット、ゲーム機器など、家族みんなでインターネットを楽しめます。

キャンペーン適用までの流れ

あんしん乗り換えキャンペーン」を適用できるのは以下のサービスです。

特に難しい手続きはありませんが、理解しておかないとキャッシュバックを受取れないケースもあります。損しない為にもこの部分だけはしっかりと読んでおいてください。

契約後、キャンペーン申請手続き

ソフトバンクエアーの場合は申し込み日から90日以内に、ソフトバンク光の場合は申し込み日から180日以内に契約が成立し、課金が開始されます。 契約成立後、あんしん乗り換えキャンペーンの申請手続きを行います。

証明書のアップロードまたは返送

課金が開始した月を1ヵ月目と数えて、5ヵカ月目の末日までに必要な証明書類をすべて提出しなければなりません。証明書は以下のような書類となります。

証明書

  • 他社解約時の違約金・撤去費用などの残債

解約証明書をアップロードするか、証明書貼付シートに貼り付けて郵送します。その後、後ほど説明する適用条件をすべて満たせば、キャンペーンの適用が確定します。つまり、キャッシュバックを受け取れるということです。

キャッシュバックは普通為替で受取り

「あんしん乗り換えキャンペーン」では、キャッシュバックの受取りが普通為替となります。

普通為替とは郵便為替のひとつ。差出人が持ち込んだ現金に対して為替証書を発行し、差出人はこの為替証書を受取人に送付して、受取人は為替証書と引き換えに現金を受け取る仕組みです。

キャンペーンの適用が確定した日の翌月下旬頃から、「送付物受取先住所」に登録した住所へ普通為替が発送されます。現金を受け取るにはゆうちょ銀行か郵便局窓口に行き、普通為替を引き換えねばなりません。急ぐ必要はありませんが、普通為替は発行日から6ヵ月の有効期間があることを覚えておきましょう。

あんしん乗り換えキャンペーンの適用条件

「あんしん乗り換えキャンペーン」の適用条件について確認していきます。

申込みから180日以内に課金開始

ソフトバンク光(ソフトバンクエアー)への申込みをした日から180日以内に課金開始する必要があります。

特に注意してほしいことは「請求書払い」で料金を払っている人。この後説明しますが、あんしん乗り換えキャンペーンは請求書払いでは無効となってしまうので、必ず指定の支払い方法に登録してください。

他社回線・他社モバイル回線を利用

ソフトバンク光への申込み時に、他社の固定ブロードバンド回線または他社のモバイルブロードバンド回線を利用している人が、あんしん乗り換えキャンペーンの対象者となります。

しかし、他社ならどこでもよいというわけではなく、ソフトバンクが提携しているケーブルライン取り扱いCATV(ケーブルテレビ)事業者のインターネット回線を利用している場合は、キャンペーンの対象外とされています。

課金開始1ヵ月目~5ヵ月目に行うこと

課金開始月を1ヵ月目として、5ヵ月目の末日までに以下の条件をすべて満たさなければなりません。どれか一つでも満たせなかった場合、キャッシュバックは受け取れません。

5ヵ月目までに満たす条件

  • 他社サービス解約時の証明書提出
  • 証明書の契約者が本人または家族
  • 対象サービスを利用継続中
  • 支払い方法を「携帯合算・クレカ・口座振替」に登録
  • 料金の支払いが遅れていない

先にも触れましたが、他社サービスの解約時に発生した違約金・撤去費用・モバイルブロードバンド端末代金の残債などの金額がわかる証明書を、指定された方法で提出する必要があります。アップロードではなく郵送で証明書を提出するときは、5ヵ月目の末日までに必着です。

万が一、提出した証明書に不備があるとキャンペーンが適用されない可能性があります。

それから、証明書に記載されている契約者が「あんしん乗り換えキャンペーン」を申込みした本人または家族である必要があります。家族は、契約者と同じ苗字である人に限定されています。

最も重要な条件のひとつが支払い方法です。

  • ソフトバンクかワイモバイルの携帯合算
  • クレジットカード
  • 口座振替

上記に必ず登録しなくてはいけません。また、あんしん乗り換えキャンペーン以外にも、代理店のキャッシュバック条件に含まれていることもあるので、申込みしたらすぐに支払い方法の登録だけは済ませておきましょう。

解約証明書に関する注意点

キャンペーンの適用に必須とされる解約証明書の注意点を詳しく解説していきます。

証明書は事業者発行のもの

まず大前提として、他社サービス提供事業者が発行した証明書であること、かつ以下の情報が記載されていなければなりません。

  • 他社サービスの契約情報(サービス名・プロバイダ名)
  • 契約者氏名・違約金の項目と金額

証明書の受け付けは1回のみとされており、証明書を複数回送ったとしても、最初に送付した分のみがキャンペーンの対象となります。その為、解約証明書が複数枚あって1枚提出するのを忘れていた場合、後から追加で送付したとしても、原則として受け付けてもらえません。

キャンペーン対象は1回戦のみ

また、キャンペーンの対象になる回線は1回線のみとなっています。

複数の他社回線を利用中で、それぞれ解約時に違約金が発生した場合、キャッシュバックの対象となるのは違約金の合計金額が一番高い回線だけです。

例えば、他社のインターネットサービスを2つ契約しているとしましょう。今回、他社2回線ともを解約し、ソフトバンク光に切り替えたとします。この場合、2回線分の解約証明書を用意して提出したとしても、適用できるのは1回線のみで、残りの1回線の違約金については自腹となります。

解約証明書の提出方法

郵送で解約証明書を提出する場合は、「証明書貼付シート」に証明書のコピーを貼付してから、指定された宛先まで送付します。ちなみに、証明書のコピーは返却されません。

証明書が複数枚にわたっているものでも、すべてを証明書貼付シートに貼付してから1通で送付します。書類での証明書が発行されておらず、会員サイト上で利用料金を確認しているという場合は、必要情報が記載されているWEB画面をプリントアウトして添付すればOKです。

ソフトバンク側で確認が必要とされている氏名・住所・電話番号・発行日以外の個人情報については、判別できないように黒く塗りつぶしてから提出するようにしましょう。

・証明書の提出方法を更に詳しく確認する

解約証明書の記入&アップロード方法

証明書のテンプレートは2種類あり、提出方法もいくつか選択肢があります。最もやりやすい方法で手続きしてください。

証明書貼付シートの記入方法(MOなし)

ソフトバンク光 証明書貼付シートの記入方法

証明書貼付シート」とは、店頭で配布している郵送提出用の書類のことです。用紙の右上にMOと記載がある「証明書貼付シート」と、MOの記載がないものがあります。ここでは、MOと記載がない用紙の記入方法について解説します。

  1. ソフトバンク光の申込み時に登録した契約者氏名・住所・電話番号を記入
  2. 「ご契約開始のご案内」に記載されているカスタマーIDを記入
  3. 「証明書貼り付け位置」に貼り付ける

証明書貼付シートに何らかの不備が見つかった場合は、キャンペーンが無効となってしまう可能性があります。契約者氏名・住所・電話番号に書き誤りがないか、提出する前に確認しておきましょう。

「ご契約開始のご案内」に記載されているカスタマーIDの再チェックもお忘れなく。

証明書貼付シートの記入方法(MOあり)

証明書貼付シートの記入方法(MOあり)

「MO」と記載されていない証明書貼付シートの記入方法を解説します。

  1. ソフトバンク光の申込み時に登録した契約者氏名・住所・電話番号を記入
  2. 「ご契約開始のご案内」に記載されているカスタマーIDを記入
  3. 解約金支払いの有無にチェック
  4. 各項目にチェックし書面を貼付け

ソフトバンク光を契約する前に利用していたサービスの解約時に、違約金や撤去工事費などを支払った場合は「A」を、支払っていない場合は「B」にチェックします。

「A」にチェックした人は、他社インターネットサービスの解約時に発生した費用の金額が確認できる証明書を貼付けして提出します。しつこいですが、貼り付ける前に条件を満たしているか再確認してください。

提出書類はスマホやPCからアップロード

郵送用の「証明書貼付シート」の記入方法について説明しましたが、実はスマートフォンやパソコンから提出書類をアップロードすることもできます。スマホを使えば、カメラアプリで撮影した写真をそのままアップロードできるので、簡単なうえ時間短縮にもなります。

スマホのアップロード手順

  1. My SoftBank」にログイン
  2. 「ファイルを選択/カメラを起動」をタップ
  3. 解約証明書をカメラアプリで撮影
  4. 「写真を使用」をタップ
  5. 書類を送信して完了

パソコンのアップロード手順

  1. My SoftBank」にログイン
  2. 「ファイルをドラッグ」または「ファイルを選択」
  3. 書類を送信して完了

対応しているファイル形式は JPG・JPEG・PNG・GIF・BMPです。

「ファイルを選択」ボタンをクリックした場合は、ファイルの読み込み画面が表示されるので、画像データを選択して「開く」ボタンをクリックします。最後に「書類を送信する」をクリックしたら完了です。

キャンペーンの判定結果はSMSで受信

キャンペーンの判定結果はSMSで受信

証明書が滞りなく受理されているかどうかは、証明書を提出してから約5営業日後にSMSで知らせてくれます。

受信したSMSに記載されているURLから「My SoftBank」にログインし「お手続き状況」をチェックしてみましょう。キャンペーンのステータス・証明書の送付状況・特典適用情報などを確認することができます。

キャンペーンステータスが「特典適用判定中」、受付結果が「証明書確認済」となっていれば、証明書の提出は問題なく完了しているということです。ソフトバンク光の利用が一定期間確認できた段階で、キャンペーンの適用が確定されることになります。

もし、キャンペーンステータスが「証明書再提出待ち」となっていた場合は、解約証明書を再度アップロードし直す必要があります。

キャンペーン適用までどのくらい掛かる?

「あんしん乗り換えキャンペーン」のキャッシュバック特典は、申込みさえすればすぐに受けられるというものではありません。キャンペーンが適用されるためには、一定期間ソフトバンク光を利用する必要があるのです。

一定期間の目安は、開通から約6ヵ月です。

キャンペーン適用の可否、キャンペーンの反映日については「My SoftBank」の特典情報の項目から確認することができます。

判定結果のSMSに記載されているリンクから「My SoftBank」へログインし、キャンペーンステータスが「特典適用確定」、特典適用情報の適用結果が「適用確定」と表示されていればキャンペーンが適用されます。

無事にキャンペーン適用が確定された場合は、普通為替が順次ソフトバンクから発送されます。

書類の提出期限に注意!

解約証明書の提出には期限があり、ソフトバンク光の課金開始日を1ヶ月目として、5ヶ月目の末日までです。

提出する証明書が複数枚ある際は、その枚数分をカメラで撮影するかスキャンするかして、すべての画像をアップロードする必要があります。

例えば、ソフトバンク側の確認に必要な情報が、1枚目と2枚目にわかれて記載されているケースがあげられます。そのようなときは、1枚目と2枚目を両方とも撮影し、2枚合わせてアップロードするようにしてください。

提出書類に関しては、提出期限のぎりぎりになって慌てることのないように、書類や写真の準備ができ次第、速やかにアップロードすることをおすすめします。

キャッシュバック額は解約金によって変動

キャッシュバックの金額は、他社サービス解約時の違約金の合計額によって変わります。提出する証明書に記載されている金額に応じて、10万円を上限に1,000円単位で細かく決められています。

解約金(税込) キャッシュバック
1,001~2,000円 2,000円
2,001~3,000円 3,000円
52,001~53,000円 53,000円
99,001~100,000円 100,000円
100,001円~ 100,000円+自腹

上記の通り、他社サービスの解約で掛かった費用は全額負担してくれます。ただ、違約金・撤去費用の合計が10万円以上かかった場合、超えた分については自腹となってしまいます。

また、他社モバイルブロードバンド端末代金の残債に関しては、キャッシュバック金額の上限が42,000円となっています。最大10万円のキャッシュバックが適用されるのは”ソフトバンク光”のみだと覚えておいてください。

まとめ

ソフトバンク光の「あんしん乗り換えキャンペーン」を活用すれば、解約金を負担せずにお得な乗り換えが可能となります。こんな豪華なキャンペーンはなかなかお目にかかれないので、迷っているなら今のうちですよw

また、代理店の高額キャッシュバックと併用することもできます。

「あんしん乗り換えキャンペーン」で10万円、代理店から3万円もらうことができれば、なんとネット回線の申込みだけで13万円ものお金を手にできます!

最後に、スマホやネットは乗り換えて得する時代。千円単位の細かいメリットなんて気にせず、こういったキャンペーンで得しちゃいましょう。