ソフトバンク光を”法人”で契約する申込み方法やお得な4つのメリット

ソフトバンク光を”法人”で契約する申込み方法やお得な4つのメリット

ソフトバンクでは「法人契約」も受け付けています。

法人契約をすると、個人で利用するときとは少し違ったメリットが得られます。どのような点がお得なのか?利用するメリットはあるのか?など、はじめて契約する人でも理解できるように解説します。

法人契約の申込み方法や手続きに必要な書類、利用開始するまでの手順も合わせて紹介しておくので、これから法人契約を考えている方には参考になるはずです。

いろいろと説明する前にひとつだけ言っておきますが、個人・法人に関係なくソフトバンク光に申込みするなら”高額キャッシュバック”は絶対に受け取ってください。

条件も簡単で、公式サイトではなく「正規代理店経由」で申込みするだけ!

窓口を自分で探せない場合は、管理人がお世話になった窓口を利用してください。公式キャンペーンを含めて5万円以上のキャッシュバックはもちろん、サービスの案内も親切、丁寧にしてくれます。フリーダイヤルなのでまずは相談だけでもされてください。

ソフトバンク光の法人向けプランとは?

光回線のサービスであるソフトバンク光には「法人向けのプラン」もあります。法人向けプランの特徴や利用料金をはじめ、最初にかかる初期費用やオプションについて解説します。

ソフトバンク光の通信速度は?

ビジネスでインターネットを利用する場合、回線選びで重要になってくる通信速度。

ソフトバンク光の通信速度は、戸建て・集合住宅いずれも最大で1Gbpsです。ただ、回線のプランや接続方式などによって通信速度には若干の差があり、最大速度は”あくまで最大”だと認識しておきましょう。

法人向けプラン利用料金

ソフトバンク光の料金プランは「マンションタイプ or 戸建てタイプ」で分かれており、「法人向け料金」というものはなく、利用料金に関しては個人が利用するのと違いはありません。

法人の場合、ビルのワンフロアなどにオフィスを構えることが多いかもしれません。このようなときは、集合住宅タイプの利用料金が該当するでしょう。ソフトバンク光の集合住宅タイプの利用料金は、2年間の自動更新プランを契約すると通常は月額3800円(税抜き)です。

ちなみに、ソフトバンク光の公式サイトで紹介されているキャンペーンを利用した場合は、割引料金の月額1,800円(税抜き)で利用ができます。このキャンペーンの割引は1年間適用されるため、利用開始から1年後までは”通常より2,000円ほど安く”利用することができます。

ソフトバンク光の利用料金にはプロバイダの料金も含まれているので、ほかの光回線のように別にプロバイダを契約する必要はありません。

法人向けプラン初期費用

戸建 マンション
事務手数料 3,000円 3,000円
工事費 18,000円 15,000円

ソフトバンク光のプランを法人が利用する際は、一定の初期費用がかかります。

初期費用として請求されるのが、事務手数料や開通工事費などです。事務手数料は、さまざまな事務手続きにともなって発生する費用。ソフトバンク光の場合は3,000円の事務手数料を負担する必要があります。

開通工事費は、屋内配線をしたり機器を設置したりするための費用で、新規申込みだと建物のタイプによって「15,000~18,000円」程度請求されます。

但し、フレッツ光を利用していて転用をする場合は、開通工事が不要で工事費は掛からないケースがあります。ただ、フレッツ光からの転用でも、引っ越しなどをして工事が必要になったときは費用がかかります。どのくらいの初期費用がかかるかは、契約するするまで分からないと思っておいた方が良いでしょう。

ソフトバンク光を新規契約をする場合は通常の工事費がかかる可能性が高いので、費用が気になる方はソフトバンク光に電話して確認しましょう。

メリット満載の各種オプション

法人が利用できるソフトバンク光のオプションも、基本的には個人向けの内容と変わりません。ソフトバンク光の代表的なオプションとして挙げられるのは以下の通り。

  • Yahoo! BB 基本サービス
  • 光BBユニットレンタル
  • Wi-Fiマルチパック、ホワイト光電話、BBフォン
  • バリューパック
  • BBセキュリティ Powered by Symantec TM Plus
  • BBサポートワイドサービス

Yahoo! BB 基本サービス」は、「Yahoo!メール」や「Yahoo!ジオシティーズ」、「Yahoo!ウォレット」といったサービスが利用できるオプションサービス。このオプションには、月額300円の「スタンダード」と月額550円の「プレミアム」のコースがあります。

「プレミアム」の場合は、「スタンダード」のプランの内容に咥えて100GBのYahoo!ボックスが使えたり、14倍のTポイントが貯まる特典がついています。

月額467円で利用できる「光BBユニットレンタル」は、光回線を使用するときに用いるルーターのレンタルサービスです。提供される光BBユニットは煩わしい初期設定などが不要。また、このルーターはWi-FiやBBフォン、光電話(N)を利用するときにも使えます。

ワイヤレスでインターネットを利用したいときに便利なのが、月額990円の「Wi-Fiマルチパック」です。このサービスを契約すると、家のなかで無線を利用してインターネットが楽しめます。

固定電話が安く利用できる「ホワイト光電話」。インターネット回線を使ったIP電話のサービスで、一般電話よりも安い通話料で使用可能です。

ソフトバンク光には他にも様々なオプションがあり、他社より比較的安めに設定されています。申込みする時しか加入できないオプションもあるので、気になるものがあった場合は前もって確認しておくことをおすすめします。

法人向けと個人向け「料金」の違いは?

ソフトバンク光の法人向けと個人向けのサービスは、基本的に大きな違いはありません。事務手数料や開通工事費などの初期費用、利用料金も同じです。

法人で契約するときも個人と同様のスタイルで利用することになるでしょう。回線速度や通信に使用する機器の種類にも、法人と個人とで違いはありません。利用できるオプションサービスや料金なども、法人と個人は基本的に同じです。

ちなみに、申込み窓口も違いはありません。その為、法人契約であってもネット回線特有の”高額キャッシュバック”は適用されます。

管理人

以前にソフトバンク光を法人契約したことがありますが、その時は5万円ほどのキャッシュバックを貰いました。ただ、公式サイトから申込みしていたら”特典ゼロ”です。

どこから申込みするか?だけは念入りに調べてください。一応、私が申込みした窓口を紹介しておくので、迷った時は是非ご利用ください。

ソフトバンク光”法人契約”の申込みする手順や方法

法人契約で”お得に申込みする方法”を伝授します。個人で契約する時とは少しだけ手順が違うので、申込み前に必ずチェックしておきましょう。

電話もしくは公式WEBサイト

法人でソフトバンク光の申込みをするときは、ソフトバンクの電話窓口、もしくは公式サイトから行うとスムーズです。

企業名で申込みをしたいときは、法人の受付に対応している窓口から手続きを行います。ただ、ソフトバンクのショップは法人受付に対応する店舗が限られていたり、受付時間が決まっていたりと全ての窓口が対応している訳じゃありません。

フレッツ光から転用するときは、まずフレッツ光に連絡をして「転用承諾番号の取得」をしなければなりません。電話もしくは公式サイトで手続きできるので、以下の準備をして手続きしてください。

  • お客さまID(ひかり電話番号もしくはご契約者さまの連絡先電話番号)
  • 契約者名
  • フレッツ光の利用場所住所
  • フレッツ光の利用料金のお支払い方法

ソフトバンク光の契約は全国の代理店でも行っていますが、代理店の場合は個人名義でないと申込みを受け付けてもらえないことも多々あります。しかし、高額キャッシュバックを受取るには代理店経由が必須…。なので、代表者名義で申込みする裏ワザなどもありますw

法人契約の場合はいろいろと制約もあるので、とりあえず代理店に相談した方が後悔しなくても済むはずです。

申込みから利用までの期間はどれくらい?

ソフトバンク光に申し込んでから利用が開始できるまでの期間は、時期によって変わりますが大体2週間程度です。

開通工事が必要な場合は、工事日の日程によっても利用開始の時期は前後します。開通工事の希望者が多い時期などは、申込みをしてから1カ月以上かかることもあるでしょう。

ソフトバンク光に申込みをすると、1週間前後で利用開始に必要なID情報や契約情報が郵送、もしくはSMSで送られてきます。このプロセスまでは、どの時期に申し込んでもだいたい同じです。転用をする場合は開通工事が不要になるため、いくぶん早く利用開始ができると思います。

フレッツ光やYahoo! BB光 withフレッツなどを利用していたときは、それまで使っていた機器も引き続き使用ができます。ソフトバンク光をあらたに開通する際に必要になるのが、光BBユニットや回線終端装置(ONU)などの接続機器です。

新規で申込みする場合は、機器をソフトバンク光から受け取ってから利用が開始できます。

接続機器の受取時期や受け取り方法は申込み内容によってさまざまですが、立ち会い工事を行う場合、回線終端装置(ONU)などは工事をする業者が当日に持参することになっています。光BBユニットは、工事の形態を問わず工事日の前日などに申込者の住所に宅配便で配送されます。

管理人
出来るだけ早く工事してもらいたい場合は、申込みする代理店の担当者に「1日でも早く工事してほしい!」と伝えましょう。

ソフトバンク光を”法人”で契約するメリット

ソフトバンク光を法人で契約するメリットを4つほど紹介します。

書類の準備が楽!

法人がソフトバンク光を契約するメリットといえば「書類の準備が楽にできること」です。

ソフトバンク光の場合、法人名義で申込みをするときでもシンプルな手続きで済みます。一般的な法人契約では、会社の登記簿謄本や抄本などの提出が必要な場合がありますが、ソフトバンク光では法務局などに出向く必要はありません。

但し、支払い方法によってはいくつかの書類が必要となるケースがあります。例えば、口座振替やクレジットカードで料金を支払うときに必要になるのが以下のような書類です。

  • 契約する法人の確認書類
  • 担当者の運転免許証やパスポート等
  • 担当者の社員証や名刺
  • 法人の印鑑

契約する法人の確認書類には、会社の「登記簿謄本や抄本」、「現在(履歴)事項証明書」や「印鑑登録証明書」などが該当します。このような書類のうち、いずれか1点の原本を提出するのが口座振替を申し込むときのルールになっています。

また、契約をする担当者の運転免許証やパスポートなどの本人確認書類も必要です。在籍していることがわかる担当者の社員証や名刺、法人の印鑑なども用意しておく必要があるでしょう。

ちなみに、印鑑は丸印、角印のいずれでも受け付けてもらえます。

口座振替の場合は、このほかに口座名義や口座番号が確認できる通帳、キャッシュカード、金融機関に届け出ている印鑑を準備しておきましょう。クレジットカードで支払いをするときは、以上のようなアイテムと一緒に代表者のクレジットカードを用意しておけば大丈夫です。

ソフトバンク光の支払いに利用できるクレジットカードは、「VISA」や「MasterCard」、「JCB」、「アメリカンエキスプレス」、「ダイナース」などほとんど使えます。

電話料金が格段と安くなる

電話料金がお得になるのも、法人がソフトバンク光を利用したときのメリットです。

例えば、ソフトバンク光の光電話(N)の魅力は、お得な料金で光電話のサービスが利用できること。固定電話を対象にしているこのサービスには、基本プランとスマート基本プランがあります。光ファイバーを使用する光電話(N)は、3分8円の低料金で全国に電話がかけられるのが特徴です。

スマート基本プランは、最大で3時間の無料通話や6つのオプションサービスがついた充実した内容です。ちなみに、この光電話(N)はオプションサービスも充実しています。オプションとして用意されているのが、次のようなサービスです。

  • 番号追加、複数回線通話
  • 番号表示、番号通知リクエスト
  • キャッチ電話
  • 多機能転送
  • 着信お断り、着信お知らせメール

ソフトバンク光以外でも電話サービスは提供していますが、基本プランだけだと着信番号すら表示してくれない不便さ…。

結局、付随するオプションを追加してしまうことになるので、はじめから「スマート基本プラン」のようなセットプランに加入した方がお得です。固定電話を多用するのであれば是非おすすめしたいオプションです。

「24時間保守点検」でトラブル回避

法人契約なら「24時間出張修理オプション(N)」があるのも大きなメリットでしょう。

マンションなどの集合住宅でこのサービスを契約する場合、料金は月額2,000円と少々お高め。ですが、24時間365日いつでも故障修理に対応してもらえる便利なサービスで、夜中(AM10:00~PM19:00)でもすぐにサポートをしてもらえます。

ビジネスシーンでは、インターネット回線が使えないと大きなトラブルに発生することもあります。そのような事態を避けるためにも心強いサービスであり、料金以上の価値はあると思います。

「24時間出張修理オプション(N)」の対応範囲や保守の対象はこちら。

対応範囲
  • 装備故障
  • 媒体(ケーブルなど)故障
保守対象
  • NTT東日本、NTT西日本収容ビル内装置
  • 設置場所までの光ファイバー
  • ソフトバンクから提供されている宅内レンタル機器(回線終端装置、VDSLモデム、映像用終端装置、光BBユニット、無線LANカード(光BBユニット内蔵)、無線LANカード(N)、ホームゲートウェイ(N)、オフィスゲートウェイ(N)

法人で利用する場合、意外と役立つ機会が多いので是非加入しましょう!

法人におすすめの内線サービス

法人でソフトバンク光を契約する場合、「内線通話サービス」も便利なサービスです。

内線通話サービスである「ボイスネット/ボイスネットおとくライン」。一般の電話回線を利用し、全国の拠点を内線番号でつなげる企業内のネットワークサービスとなります。

このサービスには、オンネットやオフネット、サブネット、付加サービスなどのいくつかの形態があります。オンネットは、ボイスネットグループに登録している拠点と、市内、市外を問わず内線電話で通話ができるのが特徴です。

使ったことがないので詳細なことはお伝えできませんが、複数のグループ会社などで利用するのであれば検討してみては如何でしょうか。詳細はお客様サポートセンター確認してください。

法人に特化したキャンペーンや割引

残念ながら「法人向けに特化したキャンペーン」は今のところありません。しかし、個人向けと同様のキャンペーンは受けられるので、その中でも特におすすめのものをいくつか紹介します。

他社からの乗り換えキャンペーン

ソフトバンク光に乗り換えるだけで高額キャッシュバックを受取ることができます。

フレッツ光などの他社から乗り換えをしたときに利用が可能です。光回線を解約する際には”解約金や設備の撤去工事費用”などがかかりますが、このキャンペーンを適用すると、解約時に発生する費用をソフトバンクが全額負担してくれます。

ただ、このキャンペーンのキャッシュバックの額は、回線工事費の金額によって異なります。例えば、フレッツ光からソフトバンク光に転用する場合は回線工事費がかからないため、キャッシュバックもありません。

とはいえ、他社回線でこういったキャンペーンを実施ているところはないので、掛かる費用がなくなるだけでも十分なメリットはあります。

また、代理店WEBサイトで実施しているキャッシュバックを受けとり、この全額負担キャンペーンをダブルで適用させることも可能。まさに2度おいしい思いをすることができますw

いつ終了するか分からないので、検討しているなら開催されているうちに申込みしておきましょう。

「おうち割光セット」でスマホ代が安くなる

ソフトバンクのスマホを法人契約しているなら「おうち割光セット」もおすすめ。

「おうち割光セット」は、インターネットとスマホ、電気などをまとめられるセット割キャンペーンです。「おうち割光セット」はiPhoneやタブレット、Wi-Fiルーターなどのさまざまな機種が対象になっており、その台数によって割引も増えていきます。

インターネットを利用しているパソコンとスマホをまとめるだけでも、スマホ代が毎月1,000円ほどお得に利用できます。割引が2年間適用された場合は、1年間で24,000円ほど節約ができる計算です。

おうち割光セットの適用条件」は以下の通り。

割引額 適用条件
500円
  • おてがるプラン対応ケータイのデータ定額
  • データ定額ミニ 2GB/1GB
  • ガラケーのデータ定額プラン
  • パケットし放題フラット for シンプルスマホ
  • iPad 専用ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE
  • タブレット専用ベーシックデータ定額プラン for 4G
1,000円
  • データ定額 50GBプラス/ミニモンスター
  • データ定額 50GB/20GB/5GB
  • パケットし放題フラット for 4G LTE
  • パケットし放題フラット for 4G
  • パケットし放題フラット for スマートフォン
  • パケットし放題MAX for スマートフォン
  • 4G/LTEデータし放題フラット
  • 4Gデータし放題フラット+

「おうち割光セット」を適用してもらうには、ソフトバンク光の電話窓口やソフトバンクショップで申込みが必要です。契約している定額プランなどによって割引額が変わるため、上記表で分からなかったら電話で確認してください。

ADSLからは工事費無料で切り替え

ソフトバンクのADSL回線をお使いなら「ソフトバンク光の回線工事費無料」のキャンペーン利用可能です。このキャンペーンは、ソフトバンクが提供しているADSL回線を利用していることが条件になっています。

ADSL回線から光回線に切り替えるときは、交換機の工事や屋内配線の工事などが必要になってきますが、このキャンペーンを利用すると、基本工事費や交換機等工事費、回線終端装置工事費などがすべて無料です。屋内配線工事費や機器工事費も、もちろんかかりません。

ただ、キャンペーンが適用されるのは初回の工事で発生した費用のみです。後から行った工事などは対象にならないため、利用するときには少し注意が必要です。

下記、対象エリアを確認し、該当していれば窓口でキャンペーンをしたい旨をお伝えください。

東日本・西日本の対象エリア

東日本エリア

・北海道
・青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県
・茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県
・新潟県、山梨県、長野県

西日本エリア

・富山県、石川県、福井県
・岐阜県、静岡県、愛知県、三重県
・滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県
・鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県
・徳島県、香川県、愛媛県、高知県
・福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

まとめ

ソフトバンク光を法人が利用する場合、基本的には個人と同じプランやオプションを選べます。申込みの仕方によってはお得なキャンペーンなども利用ができるため、ベストな方法を探ってみるとよいかもしれません。

光電話などが利用できるオプションサービスは、遠隔地の拠点や取引先に電話をかけることが多い法人にとってはとくに便利です。ソフトバンク光は、法人も個人と同じスタイルで申込みができることから、手続きに煩わされることが少ないと言えます。申込みが簡単で使いやすいところは、ソフトバンク光のメリットと言えるでしょう。

最適なプランや契約方法を知りたいときは「正規代理店窓口」などに相談するのもおすすめの方法です。

ソフトバンク光の代理店窓口では、インターネットをお得に利用できる方法などをアドバイスしてくれ、どのサービスが一番安く利用できるか教えてくれます。

実際、光回線のキャンペーンには分かりにくいことも多々あります。細かい条件がある場合は、必要な要件を満たしているかどうかが判断しにくいケースもあるでしょう。このようなときにも、専門の代理店窓口はサポートしてくれます。

そして、代理店窓口を利用する最大のメリットである「高額キャッシュバック」。

光回線を乗り換える際には、違約金が発生することが少なくありません。キャッシュバックを1円でも多くもらい、解約する際に掛かる費用やソフトバンク光の実質支払い額を可能な限り下げましょう。