NURO光回線「Cひかり」の評判は?解約金などデメリットを大解剖

NURO光回線「Cひかり」の評判は?解約金などデメリットを大解剖

光コラボレーション

Cひかりのことを電話による勧誘で知ったのではないでしょうか?というのも、あなた以外にもCひかりから電話勧誘を受けた方は多くいます。

この記事を見ている方は「Cひかりって本当にいいサービス?申し込む価値あるの?」ともやもやしているはず。

とはいえ、他の光回線ではなくCひかりに申し込むメリットも存在します。そのメリットとは、あの世界最速の光ファイバーサービス「NURO光」から回線を借りているので最大2Gbpsの回線速度が出ることです。

今回は、Cひかりの特徴や口コミを紹介するだけでなく、回線を借りているNURO光と比較してCひかりはどんな点で優れているかまとめていきます。

管理人
勧誘方法がちょっと悪いだけで、もしかしたらいいサービスな可能性も…?真偽の程はぜひこの記事を最後まで確認してみてください!

Cひかりとは?

Cひかりとは「Cマーケティング株式会社」が運営するインターネット回線サービスです。2018年1月22日からサービスが開始されたため、比較的新しい回線サービスと言えます。

そんなCひかりにはこんな特徴があります。

  • 下りの回線速度が最大で2Gbps
  • ソフトバンクの携帯を契約していると「おうち割」が適用できる

一番の特徴は回線速度が最大で2Gbps出ることです。CひかりはNURO光という光回線を利用しているので回線速度が最大で2Gbps出ます。

提供エリアと条件

Cひかり提供エリア

CひかりはNURO光の回線を利用しているためNURO光と同じエリアで提供されています。

提供エリア関東エリア:東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 群馬県 栃木県 茨城県

東海エリア:愛知県 静岡県 岐阜県 三重県

関西エリア:大阪府 兵庫県 京都府 滋賀県 奈良県

提供エリア内であることに加えて、回線を自宅へ敷くにはこんな条件を満たす必要があります。

  • 一戸建て住宅
  • 7階建て以下の集合住宅

サービスが提供されているエリア内で回線を敷くための条件を満たしていれば、Cひかりのサービスを利用できます。

料金プラン

Cひかりの基本料金は以下の表をご覧ください。

月額料金 4,980円
契約事務手数料 3,000円
工事費 40,000円

※税抜の価格です

工事費が40,000円と高めなことが気になりますが、工事費はこの後紹介する新規申し込み特典によって実質無料にできます。

新規申し込みで二つの特典

新規に申し込みした方限定で以下の二つの特典を受け取れます。

  • 利用開始月無料
  • 工事費40,000円が実質無料

工事費実質無料とは一定期間契約し続けている限り、工事費の料金を割引で相殺する特典のことです。30ヶ月間契約し続ければ月々の工事費の支払い(1,333円)を特典によって割引されるので、工事費の実質負担がなくなります。

工事費実質無料を適用した場合、Cひかりの月々の支払いはいくらになるか見てみましょう。

利用開始月 無料
2ヶ月目~30ヶ月 4,979円
31ヶ月目~ 4,980円

利用開始月無料なら申込時のハードルが低くなって契約しやすいですね。2ヶ月目からは1円というごくわずかな割引を受けられますが無いよりかはマシかもしれませんw

31ヶ月目からは通常通り月額料金として4,980円を支払います。

「おうち割」で携帯の利用料金割引

おうち割

おうち割とは、ソフトバンクの携帯電話の回線を契約している方であれば適用できるキャンペーンで、携帯電話の利用料金が安くなります。Cひかりの月額料金が安くなるわけではないので注意して下さい。

おうち割は契約しているプランによって割引額が変わります。

スマホ契約 永年毎月1,000円割引
ガラケー契約 永年毎月500円割引

おうち割契約者の家族もソフトバンクの携帯回線を契約していれば、契約しているプランによって割引が適用されます。

回線を貸している「NURO光」とは?

Cひかりに光回線を貸しているNURO光について紹介します。

NURO光は、国内有数の大企業である「ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社」が運営している光ファイバーサービスであり、2013年から回線サービスを提供しています。

NURO光の特徴といえば最大速度が「2G(2000M)」出ることです。

この最大回線速度は一般的な光回線の最大速度である1Gbpsの2倍出ていることになりますが、なぜNURO光はNTT回線の光コラボなどより高速なのか?その理由は、以下の二つの要素が組み合わさっているからです。

  • 「ダークファイバー」を採用している
  • 伝送技術「GPON」を導入している

Cひかりを検討しているなら「NURO光」のことは知らなきゃ後悔しますよ!

ダークファイバーを採用

NURO光は「ダークファイバー」という光回線を利用しています。ダークファイバーとは電気通信事業者や電力会社などが敷いた光ファイバーのうち、利用されていない余った光ファイバーのことを指します。

ダークファイバーを採用している目的は自社で回線設備の開設や運用、ネットワークシステムの構築ができるため最新の設備や技術を活かせるからです。

このダークファイバーに特殊な伝送技術を導入することで、回線速度の最大が2Gbpsになります。

特殊な伝送技術「GPON」を導入

ダークファイバーに特殊な伝送技術である「GPON」を導入することで回線速度が最大で2Gbpsになります。GPONとはデータを一定の小さなブロックに分けてやり取りをすることで伝送効率を高める特殊な技術です。

NURO光以外の他社では「GEPON」という一般的な伝送技術を使用しているため、回線の速度が最大で1Gbpsまでしか出ません。

最大回線速度 伝送技術
NURO光 2Gbps GPON
他社 1Gbps GEPON

だったら他の光回線業者もGPONにすればいいじゃんと思われるでしょうが、すでにある機器をGPONに変更するのは開発期間や開発コストがめちゃくちゃ高額なので非常に難しいと言えます。

回線最大速度が2Gbpsのメリット

ダークファイバーと伝送技術GPON二つの要素が組み合わさって回線の最大速度が2Gbps出ることはわかりました。では、回線の最大速度が2Gbps出るとどんなメリットがあるのでしょうか?

それは、回線速度が最大2Gbpsだと光回線を複数人で共有しても速度に対する影響力が少なくなることです。そのため、速度低下が起こりにくいので利用時の速度が速くなる可能性が高いです。

例え話を挙げてわかりやすく説明すると、光回線が「道路」で光回線の中で送られるデータを「車」として考えてみてください。

NTTが提供する道路は細いのに多くの方が利用するため車が混雑しがちです。しかし、NURO光が提供する道路は太いうえに利用する方が少なく混雑しにくいので安定して速く車が走行できるといった感じになります。

CひかりとNURO光を比較

Cひかりの契約を検討している方がいたら確認しておいてもらいたいのが「NURO光との比較」です。CひかりとNURO光の比較結果を見ないでCひかりに申し込みしてしまうと「NURO光のほうが良かった…」と後悔してしまう可能性があります。

特に注視しておきたい項目は…

  • 基本料金の比較
  • キャンペーンの比較

知識がない方でも理解できるように簡潔に説明するので、どのような違いがあるのかぐらいは把握しておきましょう。

基本料金の比較

Cひかり NURO光
月額料金 4,980円 4,743円
契約事務手数料 3,000円 3,000円
工事費 実質無料 実質無料
解約費 20,000円 9,500円

比較してみると以下のような比較結果になりました。

  • NURO光のほうが月額料金が237円も安くなる
  • NURO光のほうが10,500円安く解約できる

料金だけの比較で優劣を決めてしまうのは早まった考えだと思うので、次にキャンペーンの内容で比較してみましょう。

キャンペーンの比較

Cひかり NURO光
キャッシュバック 0円 35,000円前後
セット割 おうち割 おうち割
利用開始月 無料 有料
工事費 実質無料 実質無料

CひかりとNURO光をキャンペーンで比較してみると、Cひかりはおうち割や利用開始月が無料になる特典しか適用されません。しかし、NURO光であればおうち割があることに加えて35,000円のキャッシュバックもしくは特典を受け取れます。

せっかく新規で申し込むならもっとお得に感じる特典を受け取っておきたいですよね?NURO光に新規で申し込むとこの中の特典からどれか一つだけ特典を受け取れます。

  • 35,000円キャッシュバック
  • 1年間月額1,980円
  • ソネット32,400pt&PSstoreチケット5,000円分
  • 紹介者入会者共に10,000円の紹介特典

CひかりとNURO光の特典を比べた結果、NURO光のほうが素敵な特典をいろいろ選べるので申し込みたくなりますね。

比較した結果NURO光の方がお得

比較した結果を踏まえるとCひかりはNURO光に何一つ勝っている点がありません。もし、NURO光に申し込みをすればキャッシュバックをもらうかお得な特典をもらうかなど選択の幅は広いです。

Cひかりは特別な事情があって申し込みをするという方でない限り「NURO光」を検討したほうが良いでしょう。

管理人
別にNURO光の回し者とかじゃないですからね(笑)信用するかはあなた次第ですが、メリットを求めて探しているなら200%NURO光に軍配が上がります。

Cひかりの口コミや評判

Cひかりの口コミを見てみると光コラボではよくある「回線速度が遅い」という口コミは一つも見当たりませんでした。ですので、Cひかりの利用者は回線速度について満足しているのかもしれませんね。

そのかわりに、Cひかりの運営会社であるCマーケティング株式会社から電話による勧誘をされたという内容で埋め尽くされていました。

怪しい電話勧誘をしている?

Cひかりの口コミをSNSで調査してみると自社の名前を明らかにせず安くなるって言われて不信に感じた方や、安くなるという言葉を信じてサービスに申し込んだら逆に高くなってしまったという方がいました。

電話番号情報サイトでも勧誘されたという投稿を十何件か見かけましたが、勧誘がしつこかったりいい対応をされなかったりと低評価の口コミで溢れています。

こんなにも怪しい勧誘をされたという投稿があると、Cひかりの営業方法に疑問を感じてしまいますよね。Cひかりに限らず、光回線の電話勧誘のキャッチフレーズとしてこんなことを言って勧誘してきます。

  • NTT関係者と誤認されるような名乗り方をする
  • 光回線の変更が必要と思わせるような勧誘をする
  • いきなり「安くなります」と言ってくる

上記のような勧誘方法がほとんどなので騙されないように注意しましょう。また、勧誘の中にはしつこく電話をしてくる業者もいます。あまりにも勧誘がしつこすぎると感じた場合は…

  • NTTに「勧誘停止登録」をお願いする
  • 消費者生活センターへ連絡する

NTTもしくは消費者センターに連絡されるのが最も打撃を与えられる方法です。業者さんたちにとって一番困る”営業停止”だけは避けたいので、上記方法を試せば3秒で撃退できると思いますよw

Cひかりの解約金と解約方法

Cひかりの申込みを検討されている方は、解約時の取り決めについて確認しておくことが大切です。何も知らずに解約したら予想外の請求でパニックになってしまうことも考えられるので、申し込みするかどうか検討されている方は必ず確認してくださいね。

解約時に請求される金額

Cひかりに申し込みすると契約の縛りが2年間あり、更新月以外で解約した場合は違約金として20,000円請求されます。

また、30ヶ月以内に解約すると工事費の残債も支払うことになり、解約しただけなのに恐ろしい金額の請求書が届くこともあります。分かりやすいように”2ヵ月で解約”したケースの解約金を紹介します。

解約費 20,000円
工事費 37,334円
合計 57,334円

解約費と工事費が合計された「57,334円を請求」されてしまいます。

更に、賃貸住宅に住んでいる方が引っ越しをすると、退去時に借りる前の状態に部屋を戻す義務が発生する可能性があります。

もし、退去時に借りる前の状態に戻さなければいけない場合は回線撤去工事が必要になり、工事費として解約時の請求に10,000円が加算されてしまいます。先程挙げた具体例で考えると、解約時に67,334円支払う必要があります。

その為、すぐに引っ越しをしてしまうと高い違約金を請求されてしまうので、Cひかりの契約を検討されている方はすぐ引っ越す予定がないか確認してから申し込むことをおすすめします。

サポートデスクに電話して解約

Cひかりの解約に未練がなければ、サポートデスクに電話して解約の手続きをします。サポートデスクに電話した後はカスタマーサポートの指示を受けながら手続きすれば解約完了です。

サポートデスクは二つあり…

  • 0570-099-084
  • 03-6705-8972

どちらかに電話をかけて解約の手続きをしてください。受付時間は年末年始以外の10:00~18:00です。

契約開始8日以内なら違約金なし

Cひかりのプランを契約してから8日以内であれば「初期契約解除制度」が適用できます。初期契約解除制度とは、事業者の合意なく解約時の違約金を支払わないで契約を解除できる制度です。

ただし、初期契約解除制度を適用すれば解約費は請求されませんが、契約事務手数料や工事費は支払う必要があります。もし、Cひかりを初期契約解除制度で解約した場合…

契約事務手数料 3,000円
工事費(中断) 25,000円
合計 28,000円

上記の表のとおりに請求されてしまうので、初期契約解除制度を適用しても”それなりの解約金”が請求されるのは覚悟しておいてください。

この初期契約解除制度は他社のネット回線サービスでも適用できるので覚えておくと万が一のときに役立ちます。

まとめ

Cひかりの評判は勧誘がしつこかったり、安くなると言われて申し込んだら高くなってしまったりなど低評価の口コミが多かったです。それに、同じ品質の光回線サービス「NURO光」の方がメリット多いし…

  • NURO光のほうが月額料金が安い
  • NURO光のほうがお得な特典が豊富
  • NURO光のほうが解約費が安い

しつこいですが、決してNURO光の回し者じゃないですからねw

よっぽどCひかりのことが好きでCひかりを絶対契約するという確固たる意志を持つ方がいれば話は別ですが、Cひかりに申し込むかどうか少しでも悩まれた方はNURO光の契約を検討したほうがいいかもしれません。

おすすめする人、そうでない人の見分け方を説明している記事があるので合わせてどうぞ。

光コラボレーション

Posted by hamanaka